府中市 夜勤バイト看護師

護師になってすぐの頃は、仕事の楽しさなんて分からなかったな〜。やっと楽しいと思えたのは、5年目以降くらいかな〜?!

看護師は、とてもハードで不規則な仕事だというのは、充分理解していたつもりだったんですが、
実際に看護師として働き始めて、想像以上にハードだという事を実感しました。
看護師1年目の新人の頃には、とにかく覚えなくてはいけない事ばかりで、テキパキと仕事をこなす事もできないし、
先輩にはいつも怒られてばかりだし、毎日泣きたくなる思いで一杯でした。
仕事を覚える為だと言われて、検査や病棟オペの担当にさせられた事があったんですけど、
ドクターに迷惑かけないようにしなくてはと思うと、逆に緊張してしまって、ドクターにまで怒られてばかりいました。
患者さんに急変が起きた時などは、もうパニックになっていました。
心電図のモニターのアラームが聞こえるだけで、ドキドキしていました。

 

そのような感じで夢中になって働き続けて、2年目ともなると、新人看護師が入ってきます。
後輩が入ってきて、自分がプリセプターやリーダーなどを任されるようになると、ますますプレッシャーがかかってしまいます。
リーダーの仕事は特に責任が重いので、担当になった時には、すごくストレスを感じていました。
リーダーになると、先輩にも指示を出さなくてはいけないので、もし無視されたらどうしようとか、文句言われたらとか、
いつも不安に思っていました。

 

そんな大変な時期にも頑張って仕事を続けてきて、今は看護師5年目になりました。
看護師5年目になって、やっと気持ちに余裕が出てきた感じがします。
今までに、数えきれないくらいに挫折しようと思った事がありましたが、諦めないで良かったと、つくづく思います。
一人前の看護師になる為には、やはり試練はつき物なんだと思います。
頑張って続けていれば、必ず楽しいと思える時がやってきます。