府中市 夜勤バイト看護師

ダブルワークでスポット派遣をしています!普段は民間病院で常勤です。給料アップの為に月に2?3回のスポット派遣を入れています。

 

病院といっても、専門の科によって、業務内容が異なりますよね。

 

私は、民間病院で働いているんですけど、整形外科なので、急変などはないし、他の科に比べると楽だと思います。

 

病院というと、残業が当たり前ですよね。

 

他の病棟は、毎日のように残業があるんですけど、私の職場では、ほとんど残業はないんです。

 

他の病棟で働いている同期には、羨ましがられていますね。

 

でも、当たり前の話なんですが、残業手当がつく事はないので、残業が多い病棟で働いている方に比べると、給料が月に数万円も違うんです。

 

無い物ねだりだと思うんですけど、残業が少しくらいあってもいいから、給料が良い職がいいな?、なんて思ってしまうんですよね。

 

正直言って、今の給料ではちょっと少ないと思ってるんです。

 

できればもう少し収入が欲しいですよね。

 

そこで、私は、スポット派遣の仕事を始めたんです。

 

スポット派遣は、ダブルワークとしては、ピッタリなんですよ。

 

1回単位の仕事だから、自分の都合に合わせて働く事ができるし、働いた翌日に給料がもらえるんです。

 

私は常勤で働いているんですけど、比較的に楽な職場だから、ダブルワークをする体力があるんですよね。

 

だから、月に2、3回スポット派遣の仕事を入れてます。

 

派遣先には、老人病院や介護施設などを選んでます。

 

看護師は、バイタル測定やオムツ交換など、簡単な看護の仕事と、介護の仕事をおこなっていますね。

 

整形外科の患者さんというのは、若い方が多いので、介護施設で高齢者の方と関わるのがとても楽しく感じるんです。

 

高齢者看護についての勉強にもなるし、派遣は時給も高いし、新鮮な気持ちで働けますよ。

 

月に2、3回の仕事で、かなり給料アップができるので、すごく満足していますね。

スポット派遣や期間限定派遣などを組み合わせて、ストレスなく働いています(*^。^*)常勤だと拘束されちゃうし、プライベートもなかなか・・・。派遣は自由で楽ですよ!

 

私は、以前、一般の病院で常勤として働いていました。

 

忙しい職場でしたが、仕事内容には満足していました。

 

でも、人間関係に問題がある職場で、トラブルにまきこまれてしまい、体調を崩してしまったんです。

 

せっかく就職した職場なので、頑張って働き続けようと思ったんですが、鬱になってしまうほどの状態だったので、退職をしました。

 

その時の環境がトラウマになっていて、常勤で働くのが怖くなってしまったんです。

 

看護師は、女性が中心の職場ですから、人間関係のトラブルがつき物だと言われています。

 

でも、二度とそのようなトラブルに関わるのはイヤだと思いました。

 

それでも、看護師の仕事を続けていたいと思い、私が選んだのが、派遣の仕事です。

 

派遣の仕事は、スポット派遣や短期限定派遣などがありますが、どちらにしても、職場の人間関係に深く関わる必要がありません。

 

特にスポット派遣は、1回単位の仕事なので、その場限りで、再度同じ職場に行く事はほとんどありません。

 

それに、常勤で働いていると、拘束時間が長くプライベートを充実させる事ができませんが、派遣であれば、自分のペースで仕事を選ぶ事が可能です。

 

自分のペースに合わせて働く事ができるのは、精神的にとても楽です。

 

メリットが多いんですが、派遣は身分の保証がないし、収入が安定しないといったデメリットもあります。

 

でも、派遣は時給が高いので、満足できる収入を稼ぐ事ができています。

 

たとえ安定していなくても、私は、派遣の仕事が気に入っています。

 

自由に働く事ができて、人間関係のトラブルに悩む事もないし、それでいて満足できる給料を稼ぐ事ができるんです。

 

私は、派遣の仕事を組み合わせて、暫くこのペースで働いていくつもりです。

何でもかんでも医療ミスだと騒ぐ患者さんや家族。全ての責任を病院側に押し付けては、医療現場は崩壊します。ただでさえ医療者が不足しているのに、現場は疲れ切っています。

昔と今とでは、医療者、特にドクターの存在感というのが、かなり変わってきたと思いませんか?

 

昔は、ドクターと言えば、偉い人という強さがあって、何があってもドクターに対して敬意を持った態度を取っていましたよね。

 

患者さんは黙ってドクターの言う事を聞いて、文句を言うなんてとんでもない、といった状況でした。

 

でも、今はそんな光景は全くありませんよね。

 

最近はカルテの開示も義務づけられて、医療現場でどのような事が行われているのか、患者さんや家族に分かって貰えるようになっています。

 

それはとても良い事がと思うんですよ。

 

どんな治療が行われているのか、患者さんや家族が理解する事は、とても大切な事です。

 

での、その反面で、何か不満や疑問があったりすると、やたらと医療ミスに繋げようとする方が増えてきたんですよね。

 

それはテレビなどの影響もあるんだと思うんです。

 

医療ミスがあると、テレビですごく大きく報道されますよね。

 

患者さんや家族も、そのような報道を良く見ているので、何かあると、マスコミに言ってやる、なんて言ってくる患者さんもいるんですよ。

 

私達医療者は、トラブルが起きないように、治療や手術を行う前には、必ず説明しているんですよ。

 

そして、患者さんにも家族にも納得してもらった上で、治療や手術を行っているんです。

 

でも、過剰な期待をしている事もあって、思うように病状が良くならないと、医療ミスにこじつけるんですよね。

 

やたらと責任を医療者側に押し付けられて、そんなトラブルがあるから、スタッフは疲れきってしまって、職場を離れてしまう人が増えているんです。

 

患者さんは弱い立場だと言われていますけど、実は、医療者側のほうが弱い立場ではないかと思ってしまいますよね。